田舎暮らしのこと、趣味のこと、地元大町のこと・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この映画がまさか劇場の大スクリーンで見られるとは・・・
(号泣)


120112 (3)




※ストーリー

異常気象に見舞われた日本。1月なのに猛暑が続き、連夜流星群が地球に飛来するなか、一つの巨大な隕石が黒部ダム近くに落下した。時を同じくして、警視庁の進藤刑事は極秘来日するセルジナ公国のサルノ王女の護衛を命じられたが、王女を乗せた飛行機は暗殺者の仕掛けた爆弾により墜落。その後、金星人と名乗り地球の危機を訴える男装の女性が東京に現れ、ラドンの復活やゴジラの出現を予言するが、信じる者はいなかった。

進藤は、その女性が死亡したはずのサルノ王女だと確信し、単独で捜査を開始。その頃日本に来ていた小美人たちは、予言を信じて船に乗るのを避ける。進藤の妹の直子は“金星人”を保護して横浜市内のホテルに宿泊したが、セルジナから来た暗殺者の一味も彼女を王女と見抜き、ホテルを襲撃する。そこへ、予言通り阿蘇山から出現したラドンと船を襲って海から現われたゴジラが上陸して戦闘を開始、小美人たちの機転もあって暗殺者たちの計画は失敗する。

進藤たちは、サルノ王女の精神疾患を疑い、彼女を富士山麓にある精神医学の権威・塚本博士の研究所へ連れて行くが、診察の結果は正常と出た。実は王女には、地球へ逃れてきた金星人の血が流れており、それがよみがえって予知能力を発揮していたのだ。彼女は、5000年前に金星を滅ぼした宇宙最強の怪獣キングギドラが姿を現すと語る。その言葉通り、黒部ダムの隕石からキングギドラが誕生。

日本各地を荒らし回るギドラに対抗するため、小美人はインファント島の守護神モスラを呼ぶが、単独では勝ち目は無い。戦い続けるゴジラとラドンに対し、モスラは協力して共に戦うよう説得する。当初はこれを拒否した2頭だが、やむをえず単身戦いを挑むモスラの悲壮な姿に共闘を決意、3頭からの攻撃を受けたキングギドラは、ついに空の彼方へ逃げ去る。王女一行を追って訪れていた暗殺団も戦いに巻き込まれ全滅し、王女も元に戻った。

全てが終わった時、王女は進藤に抱いた淡い恋心を明かし、静かにセルジナへ去ってゆく



1964年作品。

公開当時、自分まだ2歳でした。
(^-^;;


作品は、ゴジラシリーズ第5作。

ちなみに前作(第4作)は「モスラ対ゴジラ」
ゴジラシリーズ史上、ゴジラが初の黒星を喫した作品。
そして今作ではゴジラとラドンは初顔合わせ。


大スクリーンで改めて見ると(DVDは持ってます)、フィルムの傷、ホコリは目立つし、何よりも現代の技術では完全に消し去る事の出来る操演用のワイヤーは見えまくりだし(笑)。

しかも、現代の放送基準では「ぴー」の台詞もバンバン出てくるし。(笑)


今作初登場のキングギドラ、設定では黒四ダム近辺の黒岳(?)の霞沢(?)に卵(隕石?)が墜落。

劇中で指している場所と実際の地図を確認すると、丸山の御前谷の辺り??


この怪獣の特徴は3本の首だが、それがまあワイヤー操演のラフさ(?)もあいまって、テンでばらばらに各方向に首を振るものだから、余計リアルで怖い。(笑)


そう言えば、怪獣同士のコミュニケーションが初めて図られた(演出された)作品でしたね。
通訳はザ・ピーナッツ演じる小美人でしたが。


地元、松本でロケが行われたのも今回の上映のひとつの理由でした。

黒部ダムを発ったキングギドラが一直線に富士山麓を目指すと、途中通るのは松本市。
ミニチュアの松本城が飛行中の衝撃波(?)で破壊されるシーンもばっちりです。


いやー、いい体験をしました。

出来れば、各作品を随時再上映してくれると嬉しい。

あと、CG処理を加えたデジタルリマスターとか。


上映中、ずっと童心に返っていました。

ありがとうございました。








ブログランキングに参加しています ↓ 応援よろしく!!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村


c_01.gif



関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
※ストーリー

異常気象に見舞われた日本。1月なのに猛暑が続き、連夜流星群が地球に飛来するなか、一つの巨大な隕石が黒部ダム近くに落下した。時を同じくして、警視庁の進藤刑事は極秘来日するセルジナ公国のサルノ王女の護衛を命じられたが、王女を乗せた飛行機は暗殺者の仕掛けた爆弾により墜落。その後、金星人と名乗り地球の危機を訴える男装の女性が東京に現れ、ラドンの復活やゴジラの出現を予言するが、信じる者はいなかった。

進藤は、その女性が死亡したはずのサルノ王女だと確信し、単独で捜査を開始。その頃日本に来ていた小美人たちは、予言を信じて船に乗るのを避ける。進藤の妹の直子は“金星人”を保護して横浜市内のホテルに宿泊したが、セルジナから来た暗殺者の一味も彼女を王女と見抜き、ホテルを襲撃する。そこへ、予言通り阿蘇山から出現したラドンと船を襲って海から現われたゴジラが上陸して戦闘を開始、小美人たちの機転もあって暗殺者たちの計画は失敗する。

進藤たちは、サルノ王女の精神疾患を疑い、彼女を富士山麓にある精神医学の権威・塚本博士の研究所へ連れて行くが、診察の結果は正常と出た。実は王女には、地球へ逃れてきた金星人の血が流れており、それがよみがえって予知能力を発揮していたのだ。彼女は、5000年前に金星を滅ぼした宇宙最強の怪獣キングギドラが姿を現すと語る。その言葉通り、黒部ダムの隕石からキングギドラが誕生。

日本各地を荒らし回るギドラに対抗するため、小美人はインファント島の守護神モスラを呼ぶが、単独では勝ち目は無い。戦い続けるゴジラとラドンに対し、モスラは協力して共に戦うよう説得する。当初はこれを拒否した2頭だが、やむをえず単身戦いを挑むモスラの悲壮な姿に共闘を決意、3頭からの攻撃を受けたキングギドラは、ついに空の彼方へ逃げ去る。王女一行を追って訪れていた暗殺団も戦いに巻き込まれ全滅し、王女も元に戻った。

全てが終わった時、王女は進藤に抱いた淡い恋心を明かし、静かにセルジナへ去ってゆく



1964年作品。

公開当時、自分まだ2歳でした。
(^-^;;


作品は、ゴジラシリーズ第5作。

ちなみに前作(第4作)は「モスラ対ゴジラ」
ゴジラシリーズ史上、ゴジラが初の黒星を喫した作品。
そして今作ではゴジラとラドンは初顔合わせ。


大スクリーンで改めて見ると(DVDは持ってます)、フィルムの傷、ホコリは目立つし、何よりも現代の技術では完全に消し去る事の出来る操演用のワイヤーは見えまくりだし(笑)。

しかも、現代の放送基準では「ぴー」の台詞もバンバン出てくるし。(笑)


今作初登場のキングギドラ、設定では黒四ダム近辺の黒岳(?)の霞沢(?)に卵(隕石?)が墜落。

劇中で指している場所と実際の地図を確認すると、丸山の御前谷の辺り??


この怪獣の特徴は3本の首だが、それがまあワイヤー操演のラフさ(?)もあいまって、テンでばらばらに各方向に首を振るものだから、余計リアルで怖い。(笑)


そう言えば、怪獣同士のコミュニケーションが初めて図られた(演出された)作品でしたね。
通訳はザ・ピーナッツ演じる小美人でしたが。


地元、松本でロケが行われたのも今回の上映のひとつの理由でした。

黒部ダムを発ったキングギドラが一直線に富士山麓を目指すと、途中通るのは松本市。
ミニチュアの松本城が飛行中の衝撃波(?)で破壊されるシーンもばっちりです。


いやー、いい体験をしました。

出来れば、各作品を随時再上映してくれると嬉しい。

あと、CG処理を加えたデジタルリマスターとか。


上映中、ずっと童心に返っていました。

ありがとうございました。








ブログランキングに参加しています ↓ 応援よろしく!!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村


c_01.gif



関連記事
スポンサーサイト

【2012/01/12 17:21】 | 映画
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


>いぐパンさま
トチロー
すみません、思い切りコメント見落としてました。
m(_ _)m
とりあえず、例の話しはまあ、わたしも素人だし
深刻(頭の中で変換してくださいね)の問題も出てくるし
とりあえず詳細は伏せてるんですが、
口コミでしたら大歓迎です!
時間都合つけば、いらしてくださいね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/15(Sun) 10:44 |   |  #[ 編集]
>いぐパンさま
すみません、思い切りコメント見落としてました。
m(_ _)m
とりあえず、例の話しはまあ、わたしも素人だし
深刻(頭の中で変換してくださいね)の問題も出てくるし
とりあえず詳細は伏せてるんですが、
口コミでしたら大歓迎です!
時間都合つけば、いらしてくださいね。
2012/02/05(Sun) 17:31 | URL  | トチロー #JN7ftFKI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
豚肉料理専門店「豚のさんぽ」 ご当地カレー、黒部ダムカレー コーヒーマイスターの淹れる最高の一杯を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。