田舎暮らしのこと、趣味のこと、地元大町のこと・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千里眼シリーズの松岡圭祐の手によって生まれ変わりました。

この小説を原作に、来年映画化だそうです。

kikaida.jpg




※ストーリー
震災後の日本、二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくして、彼の娘である女子大生の周辺にあやしい男たちの影がちらつきだす。赤と青半身ずつという異形のアンドロイドはなぜ誕生したのか。『催眠』『万能鑑定士Qの事件簿』『ミッキーマウスの憂鬱』の松岡圭祐により生まれ変わった、驚異的な面白さを誇る長篇登場。



キカイダーといえば記憶にあるのが、小学生の頃のとある日の夕刊(そう言えば長野は夕刊なんてねーな)で「新番組」として紹介されていたのが、この「キカイダー」と「デビルマン」であった。

ウィキで調べたら、まさにその通り。
土曜日の20時からが「キカイダー」、20時30分からが「デビルマン」。
そう、あのドリフの裏番組だったのだ。

しかし、土曜日のゴールデンに特撮とアニメって・・・
( ̄▽ ̄;)


さてこの小説。
文句なしに面白い。

キカイダーはもちろん、21世紀のキカイダー。
ずっと違和感があった、なぜカラーリングを含めての左右非対称のデザインになったのかが説明されているし、サイドマシンも「外観は往年のマッハⅢ・・・」としながらも、水素電池を動力とするスーパーバイク。

ラムジェットとホバーで空中を飛べるし、「人型」からアンドロイド型にビジュアル的に変化する構造と説明もなんだかよくわからないが(笑)すごい。

あと、当然出てくるハカイダーのすごさといったら!


ネタバレになりますが、小説の最後のほうに「シャドー」の使者が現れるところをみると、続編ありきで描かれているようですね。
こちらも楽しみです。

映像化に期待しましょう。


ブログランキングに参加しています ↓ 応援よろしく!!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村


c_01.gif



関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
※ストーリー
震災後の日本、二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくして、彼の娘である女子大生の周辺にあやしい男たちの影がちらつきだす。赤と青半身ずつという異形のアンドロイドはなぜ誕生したのか。『催眠』『万能鑑定士Qの事件簿』『ミッキーマウスの憂鬱』の松岡圭祐により生まれ変わった、驚異的な面白さを誇る長篇登場。



キカイダーといえば記憶にあるのが、小学生の頃のとある日の夕刊(そう言えば長野は夕刊なんてねーな)で「新番組」として紹介されていたのが、この「キカイダー」と「デビルマン」であった。

ウィキで調べたら、まさにその通り。
土曜日の20時からが「キカイダー」、20時30分からが「デビルマン」。
そう、あのドリフの裏番組だったのだ。

しかし、土曜日のゴールデンに特撮とアニメって・・・
( ̄▽ ̄;)


さてこの小説。
文句なしに面白い。

キカイダーはもちろん、21世紀のキカイダー。
ずっと違和感があった、なぜカラーリングを含めての左右非対称のデザインになったのかが説明されているし、サイドマシンも「外観は往年のマッハⅢ・・・」としながらも、水素電池を動力とするスーパーバイク。

ラムジェットとホバーで空中を飛べるし、「人型」からアンドロイド型にビジュアル的に変化する構造と説明もなんだかよくわからないが(笑)すごい。

あと、当然出てくるハカイダーのすごさといったら!


ネタバレになりますが、小説の最後のほうに「シャドー」の使者が現れるところをみると、続編ありきで描かれているようですね。
こちらも楽しみです。

映像化に期待しましょう。


ブログランキングに参加しています ↓ 応援よろしく!!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村


c_01.gif



関連記事
スポンサーサイト

【2013/08/30 07:25】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
豚肉料理専門店「豚のさんぽ」 ご当地カレー、黒部ダムカレー コーヒーマイスターの淹れる最高の一杯を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。