田舎暮らしのこと、趣味のこと、地元大町のこと・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館で見なくて良かった・・・(;_;)

orewa.jpg

ストーリー


1945年、太平洋戦争末期、無残にも美しい青春があった。
彼らを心で抱きしめる女性がいた。

昭和19年、太平洋戦争で圧倒的不利に陥っていた日本軍は、アメリカ軍を中心とした連合国軍によるフィリピン上陸を阻止し、戦局を打開するための最後の手段として、戦闘機に250キロ爆弾を搭載し敵艦に体当たりを敢行する神風特別攻撃隊を編成する。

しかしフィリピンは陥落し、やがて連合国軍は沖縄を狙いに定めて上陸してくる。昭和20年春、日本軍は沖縄を死守するため鹿児島の知覧飛行場から特別攻撃隊を発進させ、そこは終戦まで493名の若者達が飛び立つこととなった。かつて知覧で飛行訓練を受けていた坂東少尉、飛行兵から母親のように慕われていた鳥濱トメとその娘礼子などの視点から特攻隊員となった青年達を描く。
 by : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


知覧の食堂のトメさんは、過去に記事にしたこの本にも出てくる実在の人物。

敵空母の甲板を一週間だけ使用不能にするには爆弾を必中させるしかない。
それには、パイロットが最後の最後まで突っ込んでいくしかない。

こんな理由で考案された「体当たり攻撃」はその後、
4千人近い若者の未来を引き裂いたのである。

そうして選ばれた特別攻撃隊第1号の男、関大尉も劇中に登場するし
前述のトメさんに「蛍になって必ず帰ってくる」と言って散っていった隊員の
ストーリーも、実話。

もう、最初からずっと涙腺が緩みっぱなしで、
特に、お世話になったトメさんの元へ、本当に蛍になって帰ってきたシーンでは
子供たちの前にも関わらず、不覚にも声を出して泣いてしまった。

(;_;)

そしてラストシーン。

靖国の桜並木に乱舞する蛍。
それが次々と笑顔で現れるかつての仲間たちの姿に変わっていく。

そんな彼らに対して、年老いたトメさんと生き残った隊員の「ありがとう」の一言。

もう、号泣でした。

ほんと、映画館で見なくて良かった。
そして、しばらくは見たくないと思いました。

本当に今の日本をありがとう。。。

関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ストーリー


1945年、太平洋戦争末期、無残にも美しい青春があった。
彼らを心で抱きしめる女性がいた。

昭和19年、太平洋戦争で圧倒的不利に陥っていた日本軍は、アメリカ軍を中心とした連合国軍によるフィリピン上陸を阻止し、戦局を打開するための最後の手段として、戦闘機に250キロ爆弾を搭載し敵艦に体当たりを敢行する神風特別攻撃隊を編成する。

しかしフィリピンは陥落し、やがて連合国軍は沖縄を狙いに定めて上陸してくる。昭和20年春、日本軍は沖縄を死守するため鹿児島の知覧飛行場から特別攻撃隊を発進させ、そこは終戦まで493名の若者達が飛び立つこととなった。かつて知覧で飛行訓練を受けていた坂東少尉、飛行兵から母親のように慕われていた鳥濱トメとその娘礼子などの視点から特攻隊員となった青年達を描く。
 by : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


知覧の食堂のトメさんは、過去に記事にしたこの本にも出てくる実在の人物。

敵空母の甲板を一週間だけ使用不能にするには爆弾を必中させるしかない。
それには、パイロットが最後の最後まで突っ込んでいくしかない。

こんな理由で考案された「体当たり攻撃」はその後、
4千人近い若者の未来を引き裂いたのである。

そうして選ばれた特別攻撃隊第1号の男、関大尉も劇中に登場するし
前述のトメさんに「蛍になって必ず帰ってくる」と言って散っていった隊員の
ストーリーも、実話。

もう、最初からずっと涙腺が緩みっぱなしで、
特に、お世話になったトメさんの元へ、本当に蛍になって帰ってきたシーンでは
子供たちの前にも関わらず、不覚にも声を出して泣いてしまった。

(;_;)

そしてラストシーン。

靖国の桜並木に乱舞する蛍。
それが次々と笑顔で現れるかつての仲間たちの姿に変わっていく。

そんな彼らに対して、年老いたトメさんと生き残った隊員の「ありがとう」の一言。

もう、号泣でした。

ほんと、映画館で見なくて良かった。
そして、しばらくは見たくないと思いました。

本当に今の日本をありがとう。。。

関連記事
スポンサーサイト

【2007/10/28 10:35】 | DVD
トラックバック(0) |


かっぴ~♪
号泣しちゃったから、映画館じゃなくて良かったってことか
こういうのって打たれすぎてしまって
見たあと口きけなくなるんだよね、私。

>かっぴ~♪さん
トチロー
もうね、最後に声を出して泣いたのっていつだろう?って思うくらい
すっごい泣いちゃいました。
親父が死んだ時もこんなに号泣しなかったのにね。(^^;;
ほんともう、しばらくは見たくない映画ですね。
実話ならではの重みが十分過ぎるくらい出ていました。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
号泣しちゃったから、映画館じゃなくて良かったってことか
こういうのって打たれすぎてしまって
見たあと口きけなくなるんだよね、私。
2007/10/29(Mon) 00:53 | URL  | かっぴ~♪ #-[ 編集]
>かっぴ~♪さん
もうね、最後に声を出して泣いたのっていつだろう?って思うくらい
すっごい泣いちゃいました。
親父が死んだ時もこんなに号泣しなかったのにね。(^^;;
ほんともう、しばらくは見たくない映画ですね。
実話ならではの重みが十分過ぎるくらい出ていました。

2007/10/29(Mon) 16:35 | URL  | トチロー #JN7ftFKI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
豚肉料理専門店「豚のさんぽ」 ご当地カレー、黒部ダムカレー コーヒーマイスターの淹れる最高の一杯を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。