田舎暮らしのこと、趣味のこと、地元大町のこと・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年もまた、夏山での遭難事故が相次いでいる。

特に、北アルプスでは例年を上回るペースだとか。




今朝の朝刊に載っていた記事だが、中央アルプスで落雷に遭った方が亡くなったというニュース。

「そういえば数日前にそんな事故があったな」と、もう一度確認の意味で記事を読むと・・・


 6日午後1時半ごろ、長野県駒ヶ根市と大桑村にまたがる中央アルプス・檜尾(ひのきお)岳(2727メートル)の山頂北側の尾根で、登山をしていた女性(67)が落雷を受け、死亡した。

 駒ヶ根署の発表によると、女性は、愛知県内の女性(68)とともに6日朝、中央アルプス・千畳敷から入山し、2泊3日の予定で、尾根づたいに南へ縦走中だった。

 愛知県の女性は、雷の直撃を受けて意識のない女性を現場に残し、約4キロ離れた山小屋へ約4時間かけて歩き、6日夕、助けを求めた。

 山小屋から通報を受けた長野県警が7日早朝、ヘリコプターで捜索し、女性を見つけて収容したが、既に死亡していた。

 2人は登山仲間で、二十数年の登山歴があった。



と言うもの。

ここで驚くのは、尾根を縦走していて落雷に遭った時間である。

なんと、14時近くらしい。


自分も若い頃、そこそこ山へ登った。

冬山だけは、親戚の山屋のおじさんに全力で止められたため未経験なので
もっぱら夏と秋の山ばかり登った。


夏山の鉄則として「午後は行動するな」というのがある。

早朝出発、遅くとも13時には小屋に入るというのが、自分の中では常識だとずっと思っている。


これはもう、山をやる以上、一般常識と言ってもおかしくないとは思うのだが、
この方たちはそのルールすら破って、しかも14時近く、一番やばい時間に、
避難場所も何もない稜線の上で避雷したというから、もう自業自得と言っても言い過ぎではなかろう。


中高年(自分も仲間に入っちゃったな)の登山事故が増え続けているのは、
山の掟も守らないで安易な気持ちで山へ入る人が、多いからではないだろうか?

不幸な事故を防ぐためにも、山に入る前に、ただ装備をそろえるだけではなく
登山についての常識、知識と言うものを、ほんの少しでも勉強してから入ろうではないか。



c_01.gif


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

今朝の朝刊に載っていた記事だが、中央アルプスで落雷に遭った方が亡くなったというニュース。

「そういえば数日前にそんな事故があったな」と、もう一度確認の意味で記事を読むと・・・


 6日午後1時半ごろ、長野県駒ヶ根市と大桑村にまたがる中央アルプス・檜尾(ひのきお)岳(2727メートル)の山頂北側の尾根で、登山をしていた女性(67)が落雷を受け、死亡した。

 駒ヶ根署の発表によると、女性は、愛知県内の女性(68)とともに6日朝、中央アルプス・千畳敷から入山し、2泊3日の予定で、尾根づたいに南へ縦走中だった。

 愛知県の女性は、雷の直撃を受けて意識のない女性を現場に残し、約4キロ離れた山小屋へ約4時間かけて歩き、6日夕、助けを求めた。

 山小屋から通報を受けた長野県警が7日早朝、ヘリコプターで捜索し、女性を見つけて収容したが、既に死亡していた。

 2人は登山仲間で、二十数年の登山歴があった。



と言うもの。

ここで驚くのは、尾根を縦走していて落雷に遭った時間である。

なんと、14時近くらしい。


自分も若い頃、そこそこ山へ登った。

冬山だけは、親戚の山屋のおじさんに全力で止められたため未経験なので
もっぱら夏と秋の山ばかり登った。


夏山の鉄則として「午後は行動するな」というのがある。

早朝出発、遅くとも13時には小屋に入るというのが、自分の中では常識だとずっと思っている。


これはもう、山をやる以上、一般常識と言ってもおかしくないとは思うのだが、
この方たちはそのルールすら破って、しかも14時近く、一番やばい時間に、
避難場所も何もない稜線の上で避雷したというから、もう自業自得と言っても言い過ぎではなかろう。


中高年(自分も仲間に入っちゃったな)の登山事故が増え続けているのは、
山の掟も守らないで安易な気持ちで山へ入る人が、多いからではないだろうか?

不幸な事故を防ぐためにも、山に入る前に、ただ装備をそろえるだけではなく
登山についての常識、知識と言うものを、ほんの少しでも勉強してから入ろうではないか。



c_01.gif


関連記事
スポンサーサイト

【2008/08/08 12:28】 | 独り言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
豚肉料理専門店「豚のさんぽ」 ご当地カレー、黒部ダムカレー コーヒーマイスターの淹れる最高の一杯を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。