田舎暮らしのこと、趣味のこと、地元大町のこと・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



お出かけの仕事が昼に終わり、しかも場所が塩尻北。。。

「ちょも」はスタンプカードが今日で登頂。つまり「ただ」

「行くじゃん!」

・・・・臨休でした。(>_<)




いったん「いわい」に向かうも、同行のじっちゃんが「こってり」が駄目だと解り、コチラへ。


まるふく


お昼時でしたが、店内がらがらでした。


壁メニューに妙なものを見つけたのでそちらをいただくことに。

メニュー


「辛いもの好きな方はぜひお試しください」と書かれて、八幡屋蟻五郎が黙ってられますか。
(笑)



辛中華そば・大盛
辛中華そば(一辛)・大盛
700円


見た目、真っ赤っかですね。(^-^;;
食べられるんでしょうかねー?


メニューには「青唐辛子」と書いてありましたが、赤いのも入っているようですね。

あ、赤い・・・


ラー油の海のようですね。

スープを飲むと、とたんに攻撃的な辛さが喉の粘膜と唇を刺激します。
結構辛いけど、俺「一辛」言うたよね??


もともと自分にはあっさりしすぎのスープな上、その上に攻撃的な辛さが押し寄せるので
後半は、もう何がなんだか。(笑)

ただ、自家製麺の「もちもち」の食感に助けられて、何とか完食。


店長と目が合ったので、思わず「これ、三辛頼む人居るの?」と聞いたら、
「二辛が一番少なくて、よく出るのは一辛と三辛なんですよ」と。

つまり、「物の試しに」と「一辛」を頼む人と、耐性があって最初からトップを目指す人の
2種類に分かれるんでしょうね。

「ちなみに自分は四辛まで試しましたから」と店長。( ̄▽ ̄;)


こないだの「「きまはち」のように身体の中からはそんなに効いてこないのですが、
唇はずっと「ひりひり」したままでした。

自分「三辛」、多分無理です。(-_-;;


ごちそうさまでしたー。



c_01.gif


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


いったん「いわい」に向かうも、同行のじっちゃんが「こってり」が駄目だと解り、コチラへ。


まるふく


お昼時でしたが、店内がらがらでした。


壁メニューに妙なものを見つけたのでそちらをいただくことに。

メニュー


「辛いもの好きな方はぜひお試しください」と書かれて、八幡屋蟻五郎が黙ってられますか。
(笑)



辛中華そば・大盛
辛中華そば(一辛)・大盛
700円


見た目、真っ赤っかですね。(^-^;;
食べられるんでしょうかねー?


メニューには「青唐辛子」と書いてありましたが、赤いのも入っているようですね。

あ、赤い・・・


ラー油の海のようですね。

スープを飲むと、とたんに攻撃的な辛さが喉の粘膜と唇を刺激します。
結構辛いけど、俺「一辛」言うたよね??


もともと自分にはあっさりしすぎのスープな上、その上に攻撃的な辛さが押し寄せるので
後半は、もう何がなんだか。(笑)

ただ、自家製麺の「もちもち」の食感に助けられて、何とか完食。


店長と目が合ったので、思わず「これ、三辛頼む人居るの?」と聞いたら、
「二辛が一番少なくて、よく出るのは一辛と三辛なんですよ」と。

つまり、「物の試しに」と「一辛」を頼む人と、耐性があって最初からトップを目指す人の
2種類に分かれるんでしょうね。

「ちなみに自分は四辛まで試しましたから」と店長。( ̄▽ ̄;)


こないだの「「きまはち」のように身体の中からはそんなに効いてこないのですが、
唇はずっと「ひりひり」したままでした。

自分「三辛」、多分無理です。(-_-;;


ごちそうさまでしたー。



c_01.gif


関連記事
スポンサーサイト

【2008/10/09 05:39】 | ラーメン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
豚肉料理専門店「豚のさんぽ」 ご当地カレー、黒部ダムカレー コーヒーマイスターの淹れる最高の一杯を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。