田舎暮らしのこと、趣味のこと、地元大町のこと・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



朝、まだ真っ暗の中お風呂へ。

内湯はちょっとぬるいので、すぐさま洞窟風呂を通って露天風呂へ。

「ざぶっざぶー」
洞窟風呂に入って数メートル進んで固まる。

( ̄□ ̄;)!!

熱湯風呂でした。(>_<)





何も考えずに「ざぶざぶ」入っていったのが間違い。

急激に足元から突き上げるような熱さが襲い、その場で固まるも(動くと余計に熱い)
その状態でも十分熱いし、決死の覚悟で入り口へ引き返して出る。

あとは内湯までダッシュして洗い場の水を全開にして足にかける。

なんだよ、罰ゲームかよ、これ。
もう少しで豚骨スープの出汁になるところだったよ。(-_-メ


しばらくして入ってきたおじさんに注意を促し、部屋に戻って子供たちにも伝えたら
「夕べから熱くて入れなかった」と。

父ちゃんが寝てからまた出かけたときにはもうすでに入れない状態だったらしい。


やはり、最後に出る人は水を少し出しっぱなしにしないと。。。

いやはやな朝風呂でした。



いつものようにチェックアウト時にサービスのコーヒーをいただいて外を少し散歩。

朝の外の風景。

081020 (1)



宿の前の渓谷には、また日がさしてきません。(左が東)

081020 (2)



宿を出発し、長男が行きたがっていた雷滝へ(昨日は車すら停める場所がありませんでした)。

081020 (10)



ここは「裏見の滝」として有名なのです。

081020 (20)



動画も撮ってみました。





いつもはそのまま小布施へ降りて、街中を散策するのですが、今回は須坂へ。
そのまま山道を進み、米子大瀑布へ向かう。

が、細い山道で急に車が止まっちまった。

気が付けば後ろにもどんどんとやってきているし、前は前でエンジン切ってしまっているし。。。

状況もわからないまま、とりあえず外へ出て風景を楽しむ。

081020 (30)081020 (32)


思い出した頃に前方の車がエンジンを掛け始め、それでもわずか数10メートル進んでまた停止。

前からなにやら無線機を持っておじさんが歩いてきました。
前の車すべての運転席に話しかけています。

「駐車場に入れないので、出てくる車を待っています」

・・・そういうことか。(-_-;;


月曜だから大丈夫だと、勝手に高をくくっていたがダメじゃん。
これはもう、日によってまだマイカーが入れた頃の上高地状態。

ちなみに土日祝は一般車乗り入れ禁止で、麓からシャトルバスが運行されます。

車内で1時間以上過ごし、ようやく駐車場へ。
「ツタヤ」へ返すDVDを乗せていたので時間つぶしになって良かったよ、ほんと。


さて、歩きますか。

081020 (35)



素晴らしい(ピークらしいです)紅葉を見ながら、ゆるい山道を散策。

不動滝が現れました。

081020 (42)



そして、坂を急登した上にある米子不動尊奥の院から、さらに奥へ入っていくと現れる権現滝。

081020 (47)



実は、ここからさらに山道を歩き、今居る場所の背中のほうへ回りこむと
両方の滝を一度に見ることができる展望所へ行けるのですが、時間はすでに昼時を過ぎている。

まさしく「腹が減っては何とやら」で、下山。
車の中の1時間がもったいなかったねー。


これはもう教訓として、来年は休日に訪れ、シャトルバスに乗ることにしましょう。

081020 (61)


お疲れ様でした。

さ、山を降りて遅い昼食にしましょう。

また来年。


c_01.gif


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


何も考えずに「ざぶざぶ」入っていったのが間違い。

急激に足元から突き上げるような熱さが襲い、その場で固まるも(動くと余計に熱い)
その状態でも十分熱いし、決死の覚悟で入り口へ引き返して出る。

あとは内湯までダッシュして洗い場の水を全開にして足にかける。

なんだよ、罰ゲームかよ、これ。
もう少しで豚骨スープの出汁になるところだったよ。(-_-メ


しばらくして入ってきたおじさんに注意を促し、部屋に戻って子供たちにも伝えたら
「夕べから熱くて入れなかった」と。

父ちゃんが寝てからまた出かけたときにはもうすでに入れない状態だったらしい。


やはり、最後に出る人は水を少し出しっぱなしにしないと。。。

いやはやな朝風呂でした。



いつものようにチェックアウト時にサービスのコーヒーをいただいて外を少し散歩。

朝の外の風景。

081020 (1)



宿の前の渓谷には、また日がさしてきません。(左が東)

081020 (2)



宿を出発し、長男が行きたがっていた雷滝へ(昨日は車すら停める場所がありませんでした)。

081020 (10)



ここは「裏見の滝」として有名なのです。

081020 (20)



動画も撮ってみました。





いつもはそのまま小布施へ降りて、街中を散策するのですが、今回は須坂へ。
そのまま山道を進み、米子大瀑布へ向かう。

が、細い山道で急に車が止まっちまった。

気が付けば後ろにもどんどんとやってきているし、前は前でエンジン切ってしまっているし。。。

状況もわからないまま、とりあえず外へ出て風景を楽しむ。

081020 (30)081020 (32)


思い出した頃に前方の車がエンジンを掛け始め、それでもわずか数10メートル進んでまた停止。

前からなにやら無線機を持っておじさんが歩いてきました。
前の車すべての運転席に話しかけています。

「駐車場に入れないので、出てくる車を待っています」

・・・そういうことか。(-_-;;


月曜だから大丈夫だと、勝手に高をくくっていたがダメじゃん。
これはもう、日によってまだマイカーが入れた頃の上高地状態。

ちなみに土日祝は一般車乗り入れ禁止で、麓からシャトルバスが運行されます。

車内で1時間以上過ごし、ようやく駐車場へ。
「ツタヤ」へ返すDVDを乗せていたので時間つぶしになって良かったよ、ほんと。


さて、歩きますか。

081020 (35)



素晴らしい(ピークらしいです)紅葉を見ながら、ゆるい山道を散策。

不動滝が現れました。

081020 (42)



そして、坂を急登した上にある米子不動尊奥の院から、さらに奥へ入っていくと現れる権現滝。

081020 (47)



実は、ここからさらに山道を歩き、今居る場所の背中のほうへ回りこむと
両方の滝を一度に見ることができる展望所へ行けるのですが、時間はすでに昼時を過ぎている。

まさしく「腹が減っては何とやら」で、下山。
車の中の1時間がもったいなかったねー。


これはもう教訓として、来年は休日に訪れ、シャトルバスに乗ることにしましょう。

081020 (61)


お疲れ様でした。

さ、山を降りて遅い昼食にしましょう。

また来年。


c_01.gif


関連記事
スポンサーサイト

【2008/10/23 05:27】 | 暮らし
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
豚肉料理専門店「豚のさんぽ」 ご当地カレー、黒部ダムカレー コーヒーマイスターの淹れる最高の一杯を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。